茵蔯蒿湯(インチンコウトウ)の特徴・効能・生薬

漢方
スポンサーリンク

茵蔯蒿湯~インチンコウトウ~の特徴

茵蔯蒿湯(インチンコウトウ)は、体力が中等度以下で、口の渇きがあり、尿量が少なく、便秘の症状が見られるときに用います。

何に効くの?

  • じんましん
  • 口内炎
  • 湿疹
  • 皮膚炎
  • 皮膚のかゆみ

生薬は何が入っているの?

四方山話

原典

傷寒論

「陽明病、発熱汗出る者は 、 此を熱越と為す 、 黄を発する事能はざるなり 、 但頭汗出で 、 身に汗なく 、 剤頸して還り 、 小便不利 、 渇して水醤を引く者は 、 此れお熱裏に在りと為す 、 身必ず黄を発す 、 茵蔯蒿湯之を主る」

傷寒論

「傷寒七八日 、 身黄なること橘子色の如くにして 、 小便不利 、 腹微満する者は 、 茵蔯蒿湯之を主る」

傷寒論

「穀疸の病たる 、 寒熱不食す 、 食すれば則ち頭眩し 、 心胸安からず 、 久々黄を発す 、 茵蔯蒿湯之を主る」

傷寒論

備考

ここで購入できます

タイトルとURLをコピーしました