松前城(まつまえじょう)の歴史・城主・構造・アクセス

北海道地方
エリア北海道地方東北地方
関東地方中部地方(甲信越)
中部地方(北陸)中部地方(東海)
近畿地方中国地方
四国地方九州・沖縄地方
所在地神奈川県小田原市旧国名相模
別名小峯城(小峰城)小早川城(小早川館)
城郭構造山城平城平山城
天守の状況現存天守木造復元天守
外観復元天守復興天守
模擬天守残っていない
建てられていない不明
天守の構造複合式層塔型3重4階
築城者大森頼春 
築城年1417年(応永24年)室町時代
廃城年1871年(明治4年)明治時代
指定等日本100名城続日本100名城
国宝国重要文化財
スポンサーリンク

砲台を備えた幕末に築かれた城郭

蝦夷唯一の藩であった松前藩は1849年(嘉永2年)に城主格大名となり、それにともなって築かれたのが松前城です。
縄張は高崎藩の軍学者の市川一学(いちかわいちがく)が行いました。

その特徴は、津軽海峡に面して三の丸に配置された7基の砲台です。
さらに城の前面は軍学に基づき、横矢がかかるように塁線のいたるところで屈曲をもたせています。
また、城門には複雑な枡形を導入しています。

まさに江戸軍学の集大成として実際に築かれた城でした。

なお、城名は福山城(ふくやまじょう)が正しいものです。

みどころ

  • 城跡は松前氏城跡として国史跡にしていされています。
  • 本丸御門は切妻造りの櫓門で、背面には二階がなく、屋根が直接一階に葺き下されています。
  • 天守台や本丸御門の石垣は亀甲積みとなっています。石垣に残る弾痕は1868年(明治元年)の旧幕府軍との戦いによるものです。
  • 本丸御殿玄関が残されています。

アクセス

住所/北海道松前郡松前町字松城144
アクセス/函館空港から車で約2時間10分
     JR函館駅から車で約2時間

関連サイト

松前城|北海道観光公式サイト GoodDay北海道
https://www.visit-hokkaido.jp/info/detail/77

参考文献

  • 「徹底図解 日本の城」 著者/中井均 発行/新星出版社
タイトルとURLをコピーしました