弘前城(ひろさきじょう)の歴史・城主・構造・アクセス

ニッポンノオシーロ
エリア北海道地方東北地方
関東地方中部地方(甲信越)
中部地方(北陸)中部地方(東海)
近畿地方中国地方
四国地方九州・沖縄地方
所在地神奈川県小田原市旧国名相模
別名小峯城(小峰城)小早川城(小早川館)
城郭構造山城平城平山城
天守の状況現存天守木造復元天守
外観復元天守復興天守
模擬天守残っていない
建てられていない不明
天守の構造複合式層塔型3重4階
築城者大森頼春 
築城年1417年(応永24年)室町時代
廃城年1871年(明治4年)明治時代
指定等日本100名城続日本100名城
国宝国重要文化財
スポンサーリンク

4基の三重櫓と5基の城門が現存

津軽為信(つがるためのぶ)は堀越城を廃し、新城の築城を計画します。二代目の津軽信枚(つがるのぶひら)によって普請は開始され、わずか1年で五重天守をはじめ、8基の櫓を構えた弘前城が完成します。
この迅速な築城は、大光寺城や堀越城の解体移築によるものです。
完成した弘前城は津軽氏10万石、12代の居城となります。

城の構造は、岩木川を背面に、本丸、二の丸、三の丸が外方に取り囲む典型的な梯郭式の縄張となっています。
本丸は総石垣となりますが、他の曲輪はすべて土塁よって築かれています。

みどころ

  • 城跡は国史跡です。天守は現存12天守のひとつです。築城当時は五重の天守が建てられていましたが、落雷で焼失してしまいます。そこで、辰巳櫓を改築して、天守の代用としました。正式な呼び名は御三階櫓です。
  • 二の丸には3基の三重櫓が現存します。また、三の丸、二の丸に5基の櫓門が現存します。天守とともに国の重要文化財に指定されています。

アクセス

住所/青森県弘前市大字下白銀町1
アクセス/JR弘前駅より徒歩約30分
     JR弘前駅前弘南バス乗り場より、100円循環バスに乗車(所要時間約15分)、市役所前下車

関連サイト

弘前公園総合情報|青森県弘前市
https://www.hirosakipark.jp/

参考文献

  • 「徹底図解 日本の城」 著者/中井均 発行/新星出版社
タイトルとURLをコピーしました