水戸城(みとじょう)の歴史・城主・構造・アクセス

ニッポンノオシーロ
エリア北海道地方東北地方
関東地方中部地方(甲信越)
中部地方(北陸)中部地方(東海)
近畿地方中国地方
四国地方九州・沖縄地方
所在地神奈川県小田原市旧国名相模
別名小峯城(小峰城)小早川城(小早川館)
城郭構造山城平城平山城
天守の状況現存天守木造復元天守
外観復元天守復興天守
模擬天守残っていない
建てられていない不明
天守の構造複合式層塔型3重4階
築城者大森頼春 
築城年1417年(応永24年)室町時代
廃城年1871年(明治4年)明治時代
指定等日本100名城続日本100名城
国宝国重要文化財
スポンサーリンク

二の丸に配された三重五階の御三階櫓

戦国時代の水戸城は江戸氏の居城でしたが、佐竹義宣(さたけよしのぶ)によって攻め落とされました。
佐竹義宣(さたけよしのぶ)は、常陸の中央に位置する水戸城を居城とするため、朝鮮出兵より帰国するとさっそく改修を行い、近世城郭として整備しました。

関ヶ原の合戦後、1609年(慶長14年)には徳川家康の11男・徳川頼房(とくがわよしふさ)が入城し、御三家・水戸徳川家の居城となります。

台地上に東二の丸、本丸、二の丸、三の丸が連郭に配置され、曲輪間は巨大な空堀によって切断されていました。

二の丸には御三階櫓がありましたが、空襲により焼失してしまいました。

みどころ

  • 本丸には明治時代に城下へ払い下げられていた本丸表門の橋詰門が再移築され現存しています。
  • 曲輪間の空堀はほぼ現存しています。中でも三の丸空堀は特に巨大です。
  • 二の丸、本丸の枡形虎口には土塁が残されています。
  • 三の丸には徳川斉昭によって設けられた藩校弘道館が残っています。

アクセス

住所/茨城県水戸市三の丸2-9-22
アクセス/JR常磐線水戸駅北口から徒歩約10分

関連サイト

水戸城跡|水戸市ホームページ
https://www.city.mito.lg.jp/001373/001374/0/shiteibunkazai/siteibunkazai/mitojouato2.html

参考文献

  • 「徹底図解 日本の城」 著者/中井均 発行/新星出版社
タイトルとURLをコピーしました