唐沢山城(からさわやまじょう)の歴史・城主・構造・アクセス

ニッポンノオシーロ
エリア北海道地方東北地方
関東地方中部地方(甲信越)
中部地方(北陸)中部地方(東海)
近畿地方中国地方
四国地方九州・沖縄地方
所在地神奈川県小田原市旧国名相模
別名小峯城(小峰城)小早川城(小早川館)
城郭構造山城平城平山城
天守の状況現存天守木造復元天守
外観復元天守復興天守
模擬天守残っていない
建てられていない不明
天守の構造複合式層塔型3重4階
築城者大森頼春 
築城年1417年(応永24年)室町時代
廃城年1871年(明治4年)明治時代
指定等日本100名城続日本100名城
国宝国重要文化財
スポンサーリンク

関東初の高石垣

唐沢山城は、藤原秀郷(ふじわらのひでさと)の築城と伝えられ、その流れをくむ佐野氏歴代の居城でした。

戦国時代には、上杉氏と後北条氏によって争奪戦が繰り返されました。
豊臣秀吉の小田原城攻めに参戦した佐野房綱(さのふさつな)は所領を安堵され、唐沢山城を近世城郭として改修を行いました。

唐沢山の山頂を階段状に削平して、堀切、竪堀を構える構造は戦国期のものですが、本丸、二の丸、南城に残る高石垣は佐野房綱(さのふさつな)によって築かれたもので、関東地方で最初に導入された高石垣です。

みどころ

  • 城跡には1883年(明治16年)に藤原秀郷を祀る唐沢山神社が建てられています。
  • 城内には車井戸、大炊の井戸と呼ばれる2つの井戸があり、大炊の井戸は現在でも水を湛えています。
  • 南城の高石垣は、隅部では算木積みとなっています。

アクセス

住所/栃木県佐野市富士町1409
アクセス/東武佐野線・田沼駅から登山口まで徒歩40分、登山口から山頂まで徒歩30分

関連サイト

唐沢山城の紹介/佐野市
https://www.city.sano.lg.jp/kurashi_gyosei/kanko_bunka_sports/bunka_dento/karasawa/3/8729.html

参考文献

  • 「徹底図解 日本の城」 著者/中井均 発行/新星出版社
タイトルとURLをコピーしました