川越城(かわごえじょう)の歴史・城主・構造・アクセス

ニッポンノオシーロ
エリア北海道地方東北地方
関東地方中部地方(甲信越)
中部地方(北陸)中部地方(東海)
近畿地方中国地方
四国地方九州・沖縄地方
所在地神奈川県小田原市旧国名相模
別名小峯城(小峰城)小早川城(小早川館)
城郭構造山城平城平山城
天守の状況現存天守木造復元天守
外観復元天守復興天守
模擬天守残っていない
建てられていない不明
天守の構造複合式層塔型3重4階
築城者大森頼春 
築城年1417年(応永24年)室町時代
廃城年1871年(明治4年)明治時代
指定等日本100名城続日本100名城
国宝国重要文化財
スポンサーリンク

本丸御殿が残る土造りの近世城郭

川越城は関東管領・扇谷上杉氏の家宰・太田道真(おおたどうしん)・太田道灌(おおたどうかん)の父子により古河公方・足利成氏(あしかがしげうじ)に対抗するために築かれました。

1545年(天文14年)、城を巡って、北条氏康(ほうじょううじやす)と扇谷、山内上杉氏が戦った川越夜戦は有名です。

1639年(寛永16年)に城主となった松平信綱(まつだいらのぶつな)によって、新曲輪、田曲輪、外曲輪が増設され、近世城郭としての体裁が整えられました。

石垣を用いない土造りの城でしたが、本丸には天守に相当する富士見櫓が構えられ、西大手・南大手には丸馬出しが設けられました。

みどころ

  • 城跡は市街地となり、富士見櫓台が残されているにすぎません。
  • 本丸には幕末に再建された本丸御殿が残されています。
  • 城下は小江戸と呼ばれ、蔵造りの街並みは国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されているほか、徳川家光誕生の間を移した喜多院や仙波東照宮などが見どころです。

アクセス

住所/埼玉県川越市郭町2-13-1
アクセス/東武東上線・JR川越線「川越駅東口」および西武新宿線「本川越駅」からバスで約10分、下車徒歩約5分
     東武東上線・JR川越線「川越駅西口」及び西武新宿線「本川越駅」からバスで約15分

関連サイト

川越城本丸御殿/川越市
https://www.city.kawagoe.saitama.jp/welcome/kankospot/hommarugotenzone/hommarugoten.html

参考文献

  • 「徹底図解 日本の城」 著者/中井均 発行/新星出版社
タイトルとURLをコピーしました