佐倉城(さくらじょう)の歴史・城主・構造・アクセス

ニッポンノオシーロ
エリア北海道地方東北地方
関東地方中部地方(甲信越)
中部地方(北陸)中部地方(東海)
近畿地方中国地方
四国地方九州・沖縄地方
所在地神奈川県小田原市旧国名相模
別名小峯城(小峰城)小早川城(小早川館)
城郭構造山城平城平山城
天守の状況現存天守木造復元天守
外観復元天守復興天守
模擬天守残っていない
建てられていない不明
天守の構造複合式層塔型3重4階
築城者大森頼春 
築城年1417年(応永24年)室町時代
廃城年1871年(明治4年)明治時代
指定等日本100名城続日本100名城
国宝国重要文化財
スポンサーリンク

江戸城より東方の防御の要

下総守護である千葉氏は本佐倉城を居城としていましたが、佐倉城への移動を計画したものの、内紛などの影響で中断します。

実質的に佐倉城が整備されるのは1610年(慶長15年)に土井利勝(どいとしかつ)が入城してからのことです。

その後の城主はめまぐるしく代わりますが、親藩、譜代が城主を務め、1746年(延享3年)より明治時代までは堀田氏が城主となりました。

城は鹿島台地の先端部に本丸を構える梯郭式の構造で、曲輪間には巨大な空堀が巡らされ、さらに本丸崖下には水掘が巡らされていました。

みどころ

  • 城跡は佐倉城跡公園として整備され、市民の憩いの場となっています。
  • 三の丸には国立歴史民俗博物館が建っています。
  • 本丸には三重五階の天守や太田道灌(おおたどうかん)の江戸城静勝軒を移したと伝えられる銅櫓などが構えられ、現在はその土台が残っています。
  • 城下町には武家屋敷街が残っています。

アクセス

住所/千葉県佐倉市城内町官有無番地
アクセス/京成佐倉駅より徒歩約20分
     JR佐倉駅より徒歩約25分

関連サイト

佐倉城跡公園について|千葉県佐倉市公式ウェブサイト
https://www.city.sakura.lg.jp/0000000987.html

参考文献

  • 「徹底図解 日本の城」 著者/中井均 発行/新星出版社
タイトルとURLをコピーしました