首都圏!近畿圏!生活費が安い街は……「赤羽(首都圏)」‼「尼崎(近畿圏)」

見立番付
スポンサーリンク

なんでも街ランキング(生活費が安い街)を発表?(株式会社LIFULL)

不動産情報サイト「LIFULL HOME’S」等の住生活情報サービスを提供する株式会社LIFULL(ライフル)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)は、「2020年 LIFULL HOME’S住みたい街ランキング」に続いて、「生活費が安い街」「子育てしやすい街」「治安がいい街」「災害に強そうな街」など、首都圏7万人、近畿圏3万人を対象にした「なんでも街ランキング」を発表いたします。(2020年2月18日)

調査の概要

調査実施期間:2019年11月29日 ~ 2019年12月3日
調査対象者:18 ~ 74歳男女
首都圏は東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
近畿圏は大阪府、兵庫県、京都府の居住者を対象
調査方法:インターネット調査
有効回答者数:首都圏7万人/関西圏3万人
集計方法:実際の都府県×性×年代の人口構成比に合わせ、回収数にウェイトバックを実施
「街(駅)」の回答は、入力した文字から合致する候補を提示し、その中から1つを選ぶ選択式設問形式
分析:LIFULL HOME’S 総研

それでは順番に見てみましょう!

まずは生活費が安い街(首都圏)から?

第5位(首都圏)

十条(東京都)
ポイント:580点

・「商店街に庶民的なお惣菜屋さんがたくさん並び、独特」(49歳女性)
・「十条銀座商店街は店舗数も多く、何より物価が他よりも安い。活気があり人情があふれているから」(47歳女性)
・「十条銀座商店街はよくテレビにも取り上げられ、実際に安くて良いお店がたくさんあるから」(52歳女性)
・「古くからの商店街があり庶民的な雰囲気。都心へのアクセスが良いので、交通費も抑えられる」(57歳女性)
・「大きな商店街が有り、価格が安い個人商店も多く、生活物価が安い」(67歳男性)

第4位(首都圏)

蒲田(東京都)
ポイント:587点

・「駅ビルの店や商店街は探しやすく、たいていの品物は揃えられるうえ物価も安いと思うから」(40歳女性)
・「食事、居酒屋などの飲食費用が安い」(48歳男性)
・「古くからの商店街が今でも現存しており近年は利便性が注目されてはいるが、元々物価の安い土地柄の為」(41歳男性)
・「多種雑多な風景があり、さまざまな年代層が生活している」(58歳女性)
・「地域に根差したお店が多数ある事」(54歳男性)

第3位(首都圏)

小岩(東京都)
ポイント:617点

・「下町の雰囲気があるから」(39歳女性)
・「物価が安いし、安く買えるスーパーや商店街も充実してるから」(40歳女性)
・「スーパーが多く、商店街もあり、住居費もお得な感じがするから」(51歳男性)
・「都心に近く、大きな商店街もあり、家賃も安い」(65歳男性)

第2位(首都圏)

北千住(東京都)
ポイント:1,741点

・「下町の気前のいい商店街が魅力的で、安い飲食店が多い」(47歳女性)
・「実際に食材や惣菜が商店街で安く売られている」(45歳男性)
・「便利なターミナル駅なうえ、下町なので庶民的なところに商店街やデパートなどのお店が多くあるので、その分価格競争があり、いろんな物が安価で得られそうだから」(50歳女性)
・「大手のスーパーと地元商店街が競い合って商売しているから」(53歳男性)
・「テレビでも足立区のこの辺りは激安販売の店が多いと放送されており、下町の助け合いがまだ生きていそうな街だから」(65歳男性)

第1位(首都圏)

赤羽(東京都)
ポイント:1,969点

・「交通の便がよく、いろいろ集まっている上、価格が安い」(31歳女性)
・「ブランド直営ショップよりも激安の店のほうがはるかに多いから」(38歳女性)
・「大きなアーケード街に活気のある商店が立ち並び、値段も他よりもリーズナブルになっているから」(50歳男性)
・「東京都心と埼玉の中間にあり、適度に街が大きいため、競争も激しく価格が安い」(60歳男性)

生活費が安い街(首都圏)まとめ

1位に選ばれたのは赤羽です。赤羽は駅前に赤羽一番街商店街と赤羽スズラン通り商店街の2つの商店街が立地する、活気ある街。
JR京浜東北線をはじめ、埼京線、湘南新宿ラインや東京上野ライン、宇都宮線、高崎線など複数路線が利用可能で、都心へのアクセスのしやすさも魅力です。

2位にランクインしたのは北千住。東京メトロ千代田線・日比谷線などの複数路線が利用可能で、都心へのアクセスのしやすさは折り紙つきです。
駅前にはルミネやマルイなどの大型商業施設があり、千住ほんちょう商店街などにぎわいを見せる商店街もあります。

3位には小岩が選ばれました。小岩から総武線で秋葉原まで約15分、東京までは新小岩で快速に乗り換えて17分という立地でありながら、2020年1月現在、LIFULL HOME’Sの家賃相場によれば、ワンルーム・1K・1DKの賃料相場は6.8万円と都内ではリーズナブル。
駅前には、昭和通り商店街やフラワーロード、サンロードなどの商店街があります。

第4位に選ばれたのは蒲田です。京浜東北線と東急多摩川線・池上線が利用可能で、10分ほど歩くと京急蒲田駅も利用できるなど、都心や横浜にアクセスしやすい立地。
駅の東西には蒲田西口商店街や蒲田東口商店街などの商店街があり、個人経営の店なども立ち並び活気ある街並みとなっています。

5位にランクインしたのは十条です。埼京線の沿線で、池袋まで7分、新宿へ12分と都心にアクセスしやすいのが魅力。駅前の十条銀座商店街はお惣菜などの価格の安さから注目を集めています。

上位にランクインした街に共通しているのは、都心までアクセスしやすく、駅前に商店街があること。通勤や通学に便利で、日々の買い物もお得に済ませられる街が、生活費が安く済む街として支持されています。

住まいを探すときは交通の利便性だけではなく、駅前のスーパーや商店街もチェックするとよいかもしれませんね。

<首都圏版/関東>

つづいて生活費が安い街(近畿圏)?

第5位(近畿圏)

天下茶屋(大阪府)
ポイント:392点

・「商店街があり、駅前に安い店舗が多い」(57歳男性)
・「商店などが密集しており、物価も少し安いイメージ」(32歳女性)
・「昔ながらの風情を残した下町」(60歳男性)
・「すべての物価が安い」(61歳男性)

第4位(近畿圏)

尼崎(兵庫県/JR東海道・山陽本線など)
ポイント:442点

・「物価が安く商業施設が充実、通勤も便利で利用しやすい」(41歳男性)
・「近年開発がされていて新しい商業施設が多い」(43歳女性)
・「商店街等の商業施設が多く、競争原理が働いていると思うので」(60歳男性)
・「物価が安くて利便性に富み、交通費も抑えられる。若い世代が多く駅周辺も活気がある」(70歳女性)

第3位(近畿圏)

庄内(大阪府)
ポイント:554点

・「マンションが安い、梅田までのアクセスがよいので通勤費を抑えることができる、物価が安い」(23歳女性)
・「物価が安い。コロッケ35円とかで買えちゃう」(30歳女性)
・「市場は食料品が安くて、量もあり新鮮だから」(48歳女性)
・「実際に住んでいたことがあり、お惣菜が安い店や、豊南市場というところがあり、そこが野菜がとにかく安いため」(24歳女性)
・「近くに豊南市場があり、物価が安く生活費を抑えることができる」(66歳女性)

第2位(近畿圏)

新今宮(大阪府)
ポイント:785点

・「住んでみてガソリン以外はほぼ安い」(57歳男性)
・「とにかく食べる物や衣服など、なんでも安いのが特徴です」(47歳男性)
・「格安な商品が露店に並ぶから」(51歳男性)
・「古い物件など家賃の安い物件が多く、飲食店なども安いお店が多いため」(52歳男性)
・「昔ながらの商店街がまだあり、大阪の下町風情が漂っている」(64歳男性)

第1位(近畿圏)

尼崎(兵庫県/阪神本線など)
ポイント:1,348点

・「中央商店街など生活関連の店舗がたくさんあり、他の地域に比べ安い」(69歳男性)
・「三和商店街などお手頃価格のショッピングゾーンがある」(43歳女性)
・「駅前の商店街にはいろんなものが安く購入できる商店がある。食料品から、おしゃれ用品までそろっていて生活しやすそう」(66歳女性)
・「阪神沿線は、物価が安い地域が多く、古い商店街などもある。人情にも厚いと思われる。アパートの賃貸料金や食費が、他地域より安そうだから」(64歳男性)

生活費が安い街(近畿圏)まとめ

1位に選ばれたのは、阪神本線・阪神なんば線の尼崎です。尼崎から隣の出屋敷にかけてのエリアには、尼崎中央商店街の一番街・三番街・四番街・五番街と三和商店街があります。
また、LIFULL HOME’Sの家賃相場(2020年1月現在)によると、4位のJRの尼崎駅の周辺よりも家賃相場は安めです。

2位には新今宮が選ばれました。JRと南海電鉄の駅があり、大阪の都心へのアクセスのよさの割に賃料相場は安めです。
駅周辺には激安スーパーとして知られるスーパー玉出やMEGAドン・キホーテが立地。ジャンジャン横丁と呼ばれる南陽通商店街では、串カツやうどんなどのB級グルメが楽しめ、立ち飲み屋もあります。

3位にランクインしたのは庄内でした。駅近くには、新鮮な商品を格安な価格で販売する豊南市場が立地しています。
2019年6月に直営店エリアが閉店しましたが、テナントエリアの28店舗は営業を継続中です。

4位にランクインしたのはJRの尼崎です。1位となった阪神本線の尼崎と名前は同じですが、距離は約2.5㎞と離れています。JRの尼崎駅の駅前には、北口とデッキで直結するあまがさきキューズモールのほか、プラストいきいきなどの商業施設があります。
また、神戸線は普通、快速、新快速が停車し、東西線や宝塚線も利用できる 交通利便性の高さも支持される理由となっています。

5位に選ばれた天下茶屋は、大阪メトロ堺筋線・南海線、南海高野線の3路線が利用可能。
駅の東側には、天下茶屋駅前商店街などの商店街があり、下町らしい雰囲気です。西側にはカナートモールがあり、24時まで営業するスーパーのイズミヤなどが入っています。

「生活費が安い街」として上位にランクインしたのは、大阪の都心にアクセスしやすいなど、交通利便性が高い街でありながら、物価が安いところが多くを占めていました。

昔ながらの商店街がある街は、格安で商品が販売されていたり、安いグルメが楽しめたりする傾向があるようです。

<近畿圏版/関西>

LIFULL HOME’S総研について(URL:https://www.homes.co.jp/souken/)

LIFULL HOME’S総研は、より豊かで真に自由な住生活の実現のため、住まいに関わる独自の調査研究を行うLIFULLのシンクタンクとして2013年7月に設立いたしました。日本の「住むこと」がより豊かでもっと自由なものになるよう、『本当に住んで幸せな街 全国「官能都市」ランキング』や、調査報告書『住宅幸福論 Episode1 住まいの幸福を疑え』、『住宅幸福論 Episode2 幸福の国の住まい方 -日本・デンマーク住生活比較調査-』を発表するなど住まいの提供に関わる産業に対して、中長期視点・生活者発想での情報発信をしていきます。

株式会社LIFULLについて (東証第一部:2120、URL:LIFULL.com/)

所在地: 東京都千代田区麹町1-4-4
代表者: 代表取締役社長 井上 高志
事業内容: 不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S(ライフル ホームズ)」の運営等
設立年月: 1997年3月
ウェブサイト:https://LIFULL.com/

LIFULLは「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、現在はグループとして世界63ヶ国でサービスを提供しています。

主要サービスである不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」をはじめ、空き家の再生を軸とした「LIFULL地方創生」、シニアの暮らしに寄り添う「LIFULL介護」、ママの子育てと仕事の両立を支援する「LIFULL FaM」など、 人生・暮らしを豊かにするさまざまな領域に事業拡大しています。LIFULLグループは、より多くの人が心からの安心と喜びを得られる社会の実現のため「世界一のライフデータベース & ソリューション・カンパニー」 を目指します。

以上、首都圏!近畿圏!生活費が安い街ランキングをお送りしました。
タイトルとURLをコピーしました