【2019年】カーシェアの人気車種は……「トヨタ アルファード」!!

車・バイク
スポンサーリンク

車って必要に迫られるときとか、無性に乗りたくなるときありますよね

車を持つ人が減っていると何かの統計で見たことがあります。
実際に生活する中で、車を持つ意味の優先順位は下がっているかもしれません。
しかし、必要なときは必要なものですよね。
だからレンタカーも手軽に借りることができるようになってきました。
でも、これから車を買おうと考えている人やあこがれのあの車に乗ってみたい!という願望はなかなか叶いにくいものです。
そこで登場したのが個人間のカーシェアリング。
個人所有の車を時間単位で借りてしまおうというサービス。
ここぞ!というときに、あこがれの車を運転してみるのもいいかもしれません。
また、自分の車を乗っていない時間帯に貸し出したいという人にも最適なサービスです。

カーシェア人気車種ランキングが発表(Anyca(エニカ))

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功)とSOMPOホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、グループCEO執行役社長:櫻田 謙悟)の合弁会社である、DeNA SOMPO Mobility(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中島 宏)が提供する個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」は、2019年のAnyca内でのカーシェア人気車種ランキングと、ボディタイプ別の月別シェアランキングを公開しました。(2020年2月26日)

調査の概要

・個人間カーシェア人気ランキングは、東京23区内を主要な受け渡し場所に設定しているクルマを、車種別に2019年1月1日~2019年12月31日のシェア回数順にランキング。同一車種で複数台のクルマのシェア回数は合算。
・ボディタイプ別ランキングは、Anycaで月に1回以上シェアされたクルマについて、ボディタイプ別に2019年1月1日~2019年12月31日で1ヶ月間のシェア日数の平均値を算出。

それでは順番に見てみましょう!

第5位

日産/セレナ
シェア回数:503
24時間あたりの平均カーシェア料金:5,200円
月間平均受取金額:21,000円

第4位

テスラ/モデルS
シェア回数:582
24時間あたりの平均カーシェア料金:10,600円
月間平均受取金額:71,000円

第3位

BMW/3シリーズ
シェア回数:624
24時間あたりの平均カーシェア料金:6,200円
月間平均受取金額:21,000円

第2位

ポルシェ/カイエン
シェア回数:638
24時間あたりの平均カーシェア料金:7,900円
月間平均受取金額:45,000円

第1位

トヨタ/アルファード
シェア回数:713
24時間あたりの平均カーシェア料金:7,800円
月間平均受取金額:37,000円

ランキングのまとめ

Anycaには、750車種以上、9,000台以上のクルマが登録されています。その中で人気車種ランキング1位にはトヨタ アルファード、2位はポルシェ カイエン、3位BMW 3シリーズと、昨年のランキングの1位と3位が逆になった結果となりました。

昨今、環境への関心も高まり注目を集めているEV車のテスラ モデルSが、昨年17位から4位と初めてランクインし、環境配慮やガソリン代が不要なこともあってか人気が高くなっています。

また、1位のアルファードをはじめ、5位の日産 セレナや9位のトヨタ ハイエースワゴン等の使い勝手のよいミニバンや1BOXタイプが人気を集めています。

ボディタイプ別に1ヶ月のシェア日数の平均値では、ほとんどのボディタイプが夏にかけて需要が高くなっています。レビューから、キャンプ等のアウトドアや家族・大人数での旅行等での利用が多いことが分かっています。また、オープンカーは、3月から4月にかけて急激に伸びており、お花見での利用も見られます。

個人間カーシェアサービスAnyca

DeNAとSOMPOホールディングスの合弁会社である「DeNA SOMPO Mobility」が運営する“乗ってみたい”に出会えるカーシェアアプリ「Anyca(エニカ)」は、クルマを使わない間にシェアしたいオーナーと、必要な時に好みのクルマを使いたいドライバーをマッチングする、新しいサービスです。
国内外の乗用車をはじめスポーツカーや旧車のほか、痛車と呼ばれる個性的なものまで9,000台(750車種)以上が登録されており、気分やシチュエーションに合わせた選択が可能です。
登録会員数は30万人以上で、2015年の9月のサービス開始から延べ17万日以上のカーシェアが行われています。(数値はすべて、2019年11月時点)

以上、カーシェア人気車種ランキングをお送りしました。
タイトルとURLをコピーしました